今年も流行るインフルエンザ

日本人がかかるインフルエンザの説明と対処法

インフルエンザはインフルエンザウイルスが原因のウィルス性呼吸器感染症です。感染経路はくしゃみ等の飛沫です。発病時の症状は高熱や全身倦怠感、悪寒、関節痛や筋肉痛等です。また、おう吐や下痢といった消化器系の症状を伴う人も多く、お年寄りや子供は重症化する事があるので注意が必要です。インフルエンザはウィルスの型によって主にA型、B型、C型に分かれて流行の型が毎年違います。インフルエンザの感染を防ぐ為に多くの日本人が予防接種を行います。しかし、ワクチンの目的は体内に抗体を作り感染を予防し、仮に感染しても重症化を防ぐ事です。その為、予防接種をすれば絶対インフルエンザに感染しないわけではありません。日ごろからマスクを着用し、手洗いを徹底して下さい。もし、感染の疑いがある場合は病院へ行き医師に症状を説明して検査を受けて下さい。検査は鼻水や喉の粘液を使った抗原検査キットを使用します。検査は痛みは無くウィルスの型の判別も可能です。もし、インフルエンザの感染が分かったら安静にする事が一番です。また、家族への感染拡大を防ぐために家の中でもマスクをした方が良いです。熱が高い時は保冷剤をタオルで包み脇の下や首、足の付け根を冷やして下さい。加えて、脱水にならない様にこまめに水分を摂取して下さい。水分はただの水よりもスポーツドリンクがお薦めです。食事はおかゆかすりおろしたリンゴや梨がお薦めです。消化に悪い食べ物は控えましょう。病院では症状によって解熱薬や気管支拡張薬、下痢止め等を処方されます。薬は指示された用法用量を守り必ず水か湯さましで飲んで下さい。インフルエンザの感染拡大を防ぐ為に仕事や学校は休んで下さい。中には医師の診断書があれば忌引き扱いになる事があるので事前に確認して下さい。