今年も流行るインフルエンザ

卵から製造されるワクチンと熱の出ないインフルエンザ

インフルエンザの症状として最も有名なのが高熱であり、低くても38度程度の熱が出てしまうことがよく知られています。人によっては40度を越えるような高熱が出てしまって生命維持に危険が生じるほどの状況になることから熱の高さが最も認識されている症状です。それに伴って悪寒や寒気が出てくることも多いものの、こういった症状が出ないこともあるのには気をつけなければなりません。そして、その原因にも大別すると二つあるということを知っておくと良いでしょう。一つは近年患者が増えている自立神経系の失調によるものです。もともと体温を上げるのは身体が外敵に対する防御反応として行っているものであり、インフルエンザウイルスが侵入してきたことに対する応答と言うことができます。しかし、自立神経系に失調があることで中枢にある体温調節機能が正常に機能せずに体温が上がらないという人も稀に見られるようになってきているのが現状です。もう一つがワクチンの予防接種の影響によるものであり、予防接種によって免疫応答が微弱に起こっていることにより生じているとされています。ワクチンは卵を用いて毎年製造されるものであり、流行するインフルエンザの種類を予想して製造されます。しかし、その種類が完全に流行型と一致するとは限らず、ワクチン接種によって得られた免疫が流行しているインフルエンザにしっかりと機能するとは限りません。そういったときにインフルエンザに感染しているにもかかわらず、中途半端な免疫応答が起こってしまって熱があまり出ないという状況になる場合があります。予防接種を受けた人の場合には熱が出ない場合もあることをよく理解しておくことが重要になるでしょう。

  • インフルエンザの症状として最も有名なのが高熱であり、低くても38度程度の熱が出てしまうことがよく知られています。人によっては40度を越えるような高熱が出てしまっ...

  • 関節痛が生じた時には、インフルエンザを疑ってすぐに医療機関に行かなくてはいけません。関節痛は、インフルエンザの症状の典型的な症状だからです。そもそも、インフルエ...

  • インフルエンザにかかってしまうと、高熱がでたり、関節が痛くなったりとさまざまな症状がでてしまいます。子供や老人、免疫力が低い方は、ウィルスが感染しやすく増殖する...

  • インフルエンザはインフルエンザウイルスが原因のウィルス性呼吸器感染症です。感染経路はくしゃみ等の飛沫です。発病時の症状は高熱や全身倦怠感、悪寒、関節痛や筋肉痛等...

  • インフルエンザウイルスに感染すると、鼻水や咳といった風邪の諸症状だけにとどまらず、関節の激しい痛みや高熱に襲われるのが一般的です。高熱が出る原因は、体内の免疫系...

  • インフルエンザの感染の仕方は、飛沫感染がによる感染事例が最も多く、次いで接触感染と空気感染による感染が多いとされています。 飛沫感染は、感染者から1mから1.5...

  • インフルエンザは、毎年の様に予防接種を行い、毎年の様に罹患しているので体内にはウイルスに対する抗体が形成されている筈なのに、なぜ毎年毎年流行るのか疑問に思う方が...