今年も流行るインフルエンザ

ニュースを見てインフルエンザウイルス保持者との距離

インフルエンザは冬の寒くて乾燥したシーズンになると毎年流行を起こすものであり、シーズンが始まる以前からニュースで話題に上ります。誰もが感染してしまうリスクが高く、集団感染も起こりやすいことから懸念されることが多いのです。インフルエンザはウイルス感染症として飛沫感染が基本的な感染経路になり、ウイルスの保持者の咳やくしゃみによって口から放出されたウイルスを吸い込んでしまうことによって感染するのが一般的です。しかし、空気感染や接触感染も起こすことが示唆されてきていることから、ウイルスを保持している人と同じ空間にいたり、接点があったりするだけでも感染してしまうリスクがあることがわかってきています。シーズンに入るとどの地域でどの程度の流行が起こっているかということがニュースで大きな話題として取り上げられることから、その情報に敏感になっておくことはどれだけ予防に力を注がなければならないかを判断するのに役立ちます。学級閉鎖などが起こって蔓延が起こっている地域ではスーパーにでかけるだけでも気をつけなければならないのは明らかであり、マスクの着用をしたり、こまめに手洗いうがいをしたり、水分補給を行ったりすることは予防として重要視しなければならないでしょう。できることなら外出を避けるという心がけも行っていくと良いものです。インフルエンザはウイルス感染によって起こることから、感染源となるウイルスの保持者との接触がなければ簡単に感染してしまうことはありません。ニュースを見て自分の住んでいる地域が危険であると察したらできるだけウイルスの保持者との接触がないように生活していくのが最大の予防策となるでしょう。