今年も流行るインフルエンザ

インフルエンザの感染の仕方は

インフルエンザの感染の仕方は、飛沫感染がによる感染事例が最も多く、次いで接触感染と空気感染による感染が多いとされています。
飛沫感染は、感染者から1mから1.5mの距離に1回のくしゃみで約200万個、1回の咳で約10万個のインフルエンザウイルスを含んだ気道分泌物の小粒子である飛沫がばら撒かれ、ばら撒かれた飛沫を呼吸器に吸い込み感染する感染経路です。
接触感染は、咳やくしゃみなどの飛沫によりウイルスが付着した物に触れ、ウイルスのついた手や物を目や鼻、口などに持っていく事でウイルスが体内に侵入し感染する感染経路です。
空気感染は、直径5μm以上と大きく重い飛沫から水分が乾燥し、直径5μm以下と小さく軽くなる事で長時間浮遊可能となった飛沫核を吸入する事で感染する感染経路です。
インフルエンザウイルスは、エンベロープと呼ばれる膜に覆われたらウイルスの中心にRNAを持ち、A型ウイルスの分類に用いられているヘマグルチニンとノイラミニダーゼがエンベロープを貫通でM2蛋白が、膜を裏打ちする形でM1蛋白が発現している。
様々な感染経路で体内に侵入したウイルスは、ヘマグルチニンを介して宿主細胞のシアル酸に結合し細胞内部へ侵入し、ウイルスのリボ核タンパク質の脱穀を促進する為にM2イオンチャネルより水素イオンを透過して膜内の酸性度を上昇させます。
脱殻し細胞質に放出されたリボ核タンパク質は、感染細胞内の核内に移行し宿主のDNAの情報を上書きし、ウイルス増殖の為のウイルス蛋白を合成しウイルス増殖をします。
増殖したウイルスは、ノイラミニダーゼにより感染細胞から遊離し、未感染の宿主細胞への侵入を繰り返し急激に感染を広げ症状を悪化させます。
インフルエンザウイルスは、1日から3日の潜伏期間を経て、抗体が形成される発症後48時間前後がウイルス増殖がピークとなりますが、以後は抗体の働きにより症状が快方に向かいます。