今年も流行るインフルエンザ

インフルエンザと風邪の違い

インフルエンザと風邪は、どちらもウイルスを原因として発症するものです。
ただし主な症状やその進行具合には大きな違いがあります。
まず主な症状と進行具合に関してですが、これはインフルエンザは全身症状で急激に進行するのが特徴です。
対して風邪は呼吸器官、または消化器官に対する症状が主です。
そしてその進行具合もゆるやかです。
インフルエンザの場合、喉、鼻水と言った呼吸器症状は勿論のこと、全身の倦怠感、食欲不振、嘔吐、関節痛や筋肉痛、頭痛なども出てくると言う具合です。
対して風邪は、くしゃみ、咳、鼻水、鼻づまりが基本で、全身倦怠感など滅多に出てきません。
それから発熱にも大きな違いがあります。
インフルエンザの場合は38度以上の高熱になる場合がほとんどで、しかも発症してから発熱までの時間が非常に短いです。
一方、風邪はだいたい37度から38度前後、平熱よりやや高い程度の発熱で済むのがほとんどです。
初期の段階では、インフルエンザか風邪かは判断しにくいかもしれませんが、しばらく時間が経過すれば、上述したようなポイントを比較することでどちらであるかの診断は容易となります。
そして症状以外にも違いがあり、それがウイルスの潜伏期間などに関してです。
インフルエンザは原因となるウイルスがこれひとつであり、その潜伏期間は2日前後です。
そのため感染して発症する場合、どれだけ長くても1週間程度でそうなります。
これに対して風邪の原因となるウイルスは複数の種類、存在しています。
潜伏期間はインフルエンザウイルスと同じ、2日前後です。
そしてこれらのウイルスの感染力にも差があります。
そのため、インフルエンザは季節によっては大流行しやすいです。
ただどちらも、ウイルスを口腔内、鼻腔内に侵入させないことで予防ができるので、それに努めることが必要です。